つみたてNISAとは?メリットとデメリットも紹介します

積み立てられた石

最近よく「つみたてNISA」という単語を耳にするようになったのではないでしょうか?

しかし、つみたてNISAをきちんと理解しているという方は多くはないかと思います。

なぜなら、これまでに学ぶ機会がなかったからです。

そこで本記事では、はじめて「つみたてNISA」という単語を聞くという方にも理解しやすいように、概要やメリット・デメリットをお伝えしていきます。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、2018年1月からスタートした積立投資専用の「NISA(少額投資非課税制度)」のことです。

MEMO
積立投資のメリットは①少額からスタートできること②自動で買付ができること

毎年40万円まで投資することが可能であり、最長20年間、投資から得た利益が非課税となります。

つみたてNISAのメリット

それでは、つみたてNISAのメリットを紹介していきます。

つみたてNISAのメリット①少額からスタートできること

NISAのメリット1

つみたてNISAは少額からスタートすることができます。

具体的には、1,000円から積立金額を設定できるケースが多いです。

 

また、あとから積み立て金額を変更することも可能です。

慎重派な方は、まず少額からはじめてみて様子をみつつ積み立て金額を増やしていってもいいでしょう。

 

ただし、積み立て金額の上限は40万円と決まっています。

そのため、ひとつきあたりは33,333円が積立金額の上限となってきます。

上限は超えないように注意しましょう。

つみたてNISAのメリット②運用益・配当が非課税になること

非課税

つみたてNISAで運用して得られた利益は非課税となります。

一般的な金融商品での運用益には20.315%の税金が発生しますが、つみたてNISAでは本来なら差し引かれる分の金額も運用に回すことができます。

 

年間40万円まで投資でき、最長20年間効果が発生します。

つまり、非課税投資総額は最大800万円になります。

この投資から生まれた収益には課税がされません。

つみたてNISAのメリット③いつでも換金できること

常時換金可能

つみたてNISAでは、積み立てた資産をいつでも自分のタイミングで自由に換金できます。

例えば、iDecoだと原則60歳まで引き出すことができません。

そのため、つみたてNISAは比較的このあたりの制限がゆるいと思われます。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリット①投資できる商品が少ない

つみたてNISAは、金融庁の厳しい要件をクリアした投資信託やETFしか対象商品として認められていません。

これは、初心者にとってはメリットになります。

なぜなら、リスクの大きい投資信託を購入してしまう可能性を抑えられるからです。

 

しかし、多くのラインナップから購入商品を選びたい方や、買付のタイミングを自分で決めたい方にはデメリットとなります。

つみたてNISAのデメリット②運用結果によっては元本割れの可能性がある

つみたてNISAの金融商品は金融庁の厳しい要件をクリアしているおはいえ、投資信託やETFの価格はその時時の経済・景気動向の影響を受けます。

場合によっては、想定外の相場変動により元本割れを起こす可能性もあります。

あくまで「投資」であることを認識しておきましょう。

つみたてNISAをはじめる流れ

つみたてNISAを始める流れはざっくりと下記になります。

  1. NISA口座を開く金融機関で証券総合口座を開設する
  2. つみたてNISA口座の開設申込
  3. 積立する投資信託を選択する
  4. 積立タイミングや積立金額などを決める

つみたてNISAをはじめるためには、まず証券口座を開設しなくてはなりません。

いますぐ証券口座を開設してつみたてNISAをはじめましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です