ふるさと納税はなぜ節税になるのか?徹底解説!

ふるさと

今はすっかり「ふるさと納税」という言葉は聞き慣れました。

しかし、実際に利用している人はあまり多くないのではないでしょうか?

ましてや、ふるさと納税についてきちんと説明できる人もあまりいないのではないかというのは私も感じる部分です。

本記事ではふるさと納税について理解して、お得に生活することをゴールとしています。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税の仕組み

そもそもふるさと納税とはなんでしょうか?

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付ができる制度です。

そして、応援した自治体からは「返礼品」が届きます。

ここで、覚えておきたいのは寄付した金額は将来的に「払わなくていい税金」になるということです。

つまり、プラマイゼロ※のやりとりをしているにも関わらず「返礼品」がもらえてしまうという制度です。

※ただし、2,000円のみ自己負担となります。のちのち解説します。

ふるさと納税のメリットは?

ふるさと納税をすることのメリットをご紹介します。

ふるさと納税を通じて自治体を応援することができる

自治体とは、都道府県や市区町村の行政主体のことを指します。

こういった都道府県や市区町村に「納税」といった手段を通して応援することができるのがメリットといえます。

「納税」をすると、納税された地域の税収は上がります。

そうすることで、その地域は潤い、より良い町づくりをしてもらうことが可能になります。

ふるさと納税で「返礼品」がもらえる

ふるさと納税における最大のメリットとも言えるかもしれません。

ふるさと納税で寄付をすると自治体から「返礼品」をもらうことができます。

返礼品は寄附金額に応じて内容が変わります。

例えば、米や肉、魚や果物といった地域の特産品が指定されている場合が多いです。

しかし、それだけではなくレジャーチケットや宿泊券といった旅行に関連するものや、

スポーツ用品といったジャンルを揃えている自治体もあります。

寄付金が控除されるため節税となる

ふるさと納税では寄付金を払う代わりに返礼品をもらうシステムとなっています。

「それではただお金を払って返礼品をもらうだけじゃないか」という声も上がるかもしれません。

しかし、寄付金として払ったお金は税金から控除されます。

これがふるさと納税の大きなメリットのひとつです。

つまり、税金を前払いするだけで返礼品がもらえる制度ということです。

ふるさと納税で寄付できる金額はいくら?

ふるさと納税では控除を受けることがメリットであるとご説明しました。

「じゃあ、とにかく寄付をたくさんすればその分返礼品がもらえるってことか!

しかも、その寄付金は全額控除されるということはメリットしかないじゃないか!」

そう思われる方もいるかもしれません。

ここで、ひとつ注意が必要です。

それは、控除を受けられる金額には上限が設けられているということです。

つまり、寄付金を多く払う形になり、控除される税金が部分的になってしまうというケースも考えられます。

 

「では、その控除の上限はいくらなの?」

この答えは、「人による」です。

 

控除の上限額は、収めている税金の金額によって異なります。

ほかにも、寄付を行う方の家族構成や年収(所得)やすでに受けている税金控除の金額によって決まります。

 

「そんな事言われても、結局いくらかわからないよ…」

もちろん私も最初はわかりませんでした。

そこで、シミュレーションの出番です。

ふるなび控除シミュレーション

控除シミュレーション

こちらでシミュレーションすることにより、寄付上限額を把握することができます。

シミュレーションにて試算した寄付上限額を超えないように寄付するようにしましょう。

ふるさと納税をはじめてみるには?

ふるさと納税をはじめるには、さとふる にまず登録しましょう。

さとふる であれば4ステップで簡単にふるさと納税を行うことが可能です。

寄付金控除額を調べる

まずはさきほどお伝えしたとおり、「自分は控除を受けられる最大の寄附金額はいくらなのか」を知るべく、寄付金控除額を調べる必要があります。

必要以上に寄付をすると、損をすることになります。

(もちろん、善意の寄付であれば問題はありません。)

寄付する自治体を選定し申し込む

次に、寄付する自治体を決めましょう。

もしかすると、自治体を選定する時間がふるさと納税の醍醐味かもしれません。

美味しそうな食材から生活必需品まで揃っており、どの返礼品にするか決めるときはワクワクします。

もちろん、返礼品で決めるのではなく、応援したい自治体を選択することもひとつの手です。

ふるさと納税は節税になる?

結論、ふるさと納税は節税になるのでしょうか?

実は「節税」にはなりません。

なぜなら、本来払うべき税金を前払いしているにすぎないからです。

トータルで支払う税金の額は変わりません。

 

しかし、返礼品がもらえる、自治体を応援できるなどのメリットがあるので、

まだふるさと納税を行っていない人は必ずはじめましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です